メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

欧州の「ドネルケバブ」存続へ、肉に使う添加物を欧州議会が容認

 12月13日、欧州議会でドネルケバブ用の肉への添加物使用が認められ、欧州で人気のファストフードである「ケバブ」がこれまで通り味わえる見通しとなった。提案阻止には絶対過半数の376票が必要だったが、投票結果は373票対272票で、わずか3票足りなかった。写真は7月撮影(2017年 ロイター/Osman Orsal)

[PR]

 [ストラスブール 13日 ロイター] - 欧州議会で13日、ドネルケバブ用の肉への添加物使用が認められ、欧州で人気のファストフードである「ケバブ」がこれまで通り味わえる見通しとなった。

     欧州委員会は、食品の味と水分を保持するため頻繁に使用されている添加物のリン酸塩について、ケバブ用冷凍肉への使用を認めるよう提案していた。理論的には禁止されていたもののほとんど守られておらず、現状を反映させるための提案となった。リン酸塩は、一部のソーセージなどでは使用が認められている。

     しかし、加盟国の環境擁護派や社会党系勢力は、リン酸塩は心臓疾患の発症リスクを高めたり骨に打撃を与える可能性があるとして提案阻止に動いていた。

     提案阻止には絶対過半数の376票が必要だったが、13日の欧州議会での投票結果は373票対272票で、わずか3票足りなかった。

     欧州議会最大会派である中道右派の欧州人民党(EPP)は、リン酸塩の使用を禁止すれば、全欧規模で20万人の失業につながる可能性があり、その半分以上はドイツだろうと述べた。

     ただ、欧州連合(EU)の専門機関である欧州食品安全機関(EFSA)は、2018年末までにリン酸塩の安全性を再評価するとしている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

    2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

    3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです