メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀短観

景況感、11年ぶり高水準 大企業・製造業プラス25 12月

 日銀が15日発表した12月の企業短期経済観測調査(短観)で、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、大企業・製造業でプラス25(前回9月調査はプラス22)だった。5四半期連続で改善し、2006年12月以来11年ぶりの高水準となった。大企業・非製造業はプラス23で横ばいだった。好調な世界経済や雇用環境の改善を背景に、国内景気の拡大基調が続いている。人手不足感を示す指数はバブル期直後の1992年2月の水準に並んだ。【宮川裕章、松本尚也】

 DIは、景気が「良い」と回答した企業の割合から「悪い」と回答した割合を引いた数値。景況感の前提とな…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです