メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サル

市川、船橋で目撃 東京から移動の可能性 /千葉

 市川、船橋両市内で13日から14日にかけ、野生のニホンザルが相次いで目撃されている。東京都葛飾、江戸川両区内で目撃されたサルと同一とみられ、都との境を流れる江戸川に架かる橋か鉄橋を渡り、県内に移動してきた可能性が高いという。サルは西から東へ直線距離で8キロ以上移動中で、両市は「近づいたりエサを与えたりしないで」と警戒を呼びかけている。

 県内で最初に目撃されたのは13日午前9時25分。市川市自然環境課によると、「春日神社(同市市川3)に入っていくサルを見た」との情報が市民から寄せられた。同10時には、近くの真間山弘法寺(ぐほうじ)(同市真間4)でサルを見たと通報があった。さらに同10時43分、同市須和田から市立百合台小学校方面に移動するのを市職員が目撃。同11時40分にも同市宮久保4付近で市職員が発見した。市によると、同一とみら…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです