メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

聴覚障害超え大会、2月開催へ募金呼び掛け 審判の合図、ライトで/手話通訳導入 /東京

高橋さん(右)の指導を受けて稽古する子どもたち=江東区で

 聴覚障害者の空手選手や指導者らでつくる「全日本ろう者空手道連盟」は、来年2月4日に、審判の合図をライトの発光で選手に伝える大会を江東区で開く準備を進めている。ライトや手話通訳などの費用をまかなうため、インターネットのクラウドファンディングで募金への協力を呼び掛けている。

 同連盟会長の高橋朋子さん(40)=練馬区=は、生まれた時から聴覚障害があったが、高校生の時に空手を始め、2008年には聴覚障害者のためのスポーツ競技大会「デフリンピック」のプレ大会で優勝した。現在は指導者として後進を育てている。

 高橋さんは、聴覚障害がある人もない人も一緒に稽古(けいこ)をつけている。手話を使い、音や空気の振動…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文646文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]