メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
MAINICHI芸術食堂

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」 魔物、幽霊、黄泉の国 /愛知

 目で見るだけでなく、気配を感じ、想像力を働かせて楽しみたい。山崎貴監督の感性や発想を上回れるか。その先に、大切な人への確かな思いが見えてくる。映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」は、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズのスタッフが贈る、不思議であったかいファンタジー大作だ。西岸良平氏の「三丁目の夕日」と双璧を成すベストセラーコミックが、最高のキャストとVFXで実写化された。

 魔物や幽霊といった“人ならざるもの”も一緒に暮らす古都・鎌倉。その古民家に住むミステリー作家・一色…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文964文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  4. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  5. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです