メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

事業者と環境保全協定 来春施行へ、四日市市が指針案 立ち入り調査の権限も /三重

 四日市市は14日、太陽光発電施設の設置に関するガイドライン案を市議会都市・環境常任委員会に報告した。ガイドラインに法的な強制力はないが、環境や防災面で周辺住民の不安が生じないよう、市が事業者に環境保全協定の締結を求めるなどの内容。パブリックコメントを経て来年4月の施行を目指す。太陽光発電施設で自治体と事業者間の協定締結を定めるのは県内で初めてという。【松本宣良】

 協定を結ぶ対象は事業予定地が原則10ヘクタール以上の大規模な計画。希少な動植物の保全措置などを監視…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです