メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

事業者と環境保全協定 来春施行へ、四日市市が指針案 立ち入り調査の権限も /三重

 四日市市は14日、太陽光発電施設の設置に関するガイドライン案を市議会都市・環境常任委員会に報告した。ガイドラインに法的な強制力はないが、環境や防災面で周辺住民の不安が生じないよう、市が事業者に環境保全協定の締結を求めるなどの内容。パブリックコメントを経て来年4月の施行を目指す。太陽光発電施設で自治体と事業者間の協定締結を定めるのは県内で初めてという。【松本宣良】

 協定を結ぶ対象は事業予定地が原則10ヘクタール以上の大規模な計画。希少な動植物の保全措置などを監視…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです