動く年賀状

作成サービス、松江市など実証実験 歴史館で来月3日まで /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロボットとコミュニケーションを取りながら年賀状を作成する松江市の松浦正敬市長=同市役所で、前田葵撮影
ロボットとコミュニケーションを取りながら年賀状を作成する松江市の松浦正敬市長=同市役所で、前田葵撮影

 松江市と日本郵便中国支社(広島市)、日本ユニシス(東京都)が松江歴史館(松江市殿町)で15日から、コミュニケーションロボット「ソータ」で、動く年賀状を作成する「AR(拡張現実)年賀状サービス」の実証実験を始める。1月3日まで年賀状を500円で作成できる。

 14日は市役所で松浦正敬市長がサービスを体…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文293文字)

あわせて読みたい

注目の特集