ふたご座流星群

瀬戸大橋越し 倉敷・鷲羽山、あす未明まで出現か /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
瀬戸大橋の上空に現れたふたご座流星群。午前3時30分~4時30分の間に流星が出現した11コマを合成=岡山県倉敷市で2017年12月14日、倉敷科学センター提供
瀬戸大橋の上空に現れたふたご座流星群。午前3時30分~4時30分の間に流星が出現した11コマを合成=岡山県倉敷市で2017年12月14日、倉敷科学センター提供

 12月の夜空を飾る「ふたご座流星群」は14日前後が最も見ごろ。倉敷科学センター(倉敷市福田町古新田)が同日未明、同市南端付近の鷲羽山で、瀬戸大橋越しの夜空から降り注ぐ流星群を撮影した。

 センターの三島和久学芸員(47)が山頂から南西方向にカメラを向けて撮影した。三島学芸員によると、今年は月明かりも…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集