メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事業承継

半数が「進まず」 四国企業310社から回答 帝国データ /香川

 四国にある企業の半数が事業承継を進めていないことが、帝国データバンク高松支店(高松市)の調査で明らかになった。全体の4分の1以上は事業承継の計画がないことも判明。国は事業承継を後押ししているが、企業の準備が進んでいない現状が浮かび上がった。

 四国に本社がある企業758社を対象に10月に調査し、310社(大企業55社、中小企業255社)から回答を得た。

 その結果、事業承継について「計画はない」と答えたのは81社(26・1%)。「計画はあるが、まだ進めていない」が67社(21・6%)で、計148社(47・7%)が計画を進めていなかった。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. ORICON NEWS ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及「前向きに治療に専念致します」

  3. 新型コロナ 安中の感染女性、ヨコオ工場勤務 /群馬

  4. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです