熊本地震

最大の避難所、解体進む益城町総合体育館 19年3月末までに再建 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本地震で震度7の激震に2度見舞われた益城町の町総合体育館(同町木山)の解体作業が進んでいる。体育館には、昨年5月11日時点で被災者約1350人が避難するなど町内最大の避難所となり、同10月末に閉鎖されるまで多くの被災者が身を寄せた。

 体育館は鉄筋コンクリート2階建て延べ床面積約8700平方メート…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

あわせて読みたい

注目の特集