メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽天

携帯参入 サービスで大手に対抗 設備投資、財務にリスク

2014年10月、格安スマホ事業への参入を発表した楽天の三木谷浩史社長=東京都千代田区で、横山三加子撮影

 楽天が14日、新たに周波数帯を獲得して「第4の携帯電話会社」を目指す方針を決めた背景には、現在展開する仮想移動体通信事業者(MVNO)としての格安スマートフォン事業では成長に限界があるとの判断がうかがえる。自ら周波数帯や通信設備を持たないMVNOのままでは、携帯電話大手3社に通信速度などサービス面で見劣りし、競争力を確保できないためだ。【浜中慎哉】

 携帯電話市場では、格安スマホの利用が広がるものの、基本的な構造は大手3社による寡占状況が続く。ネッ…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1205文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです