メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「首都エルサレム」米認定 国際世論が批判 口ごもる日本 専門家の評価割れ

 <access>

 トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したという発表から13日で1週間が過ぎた。パレスチナ自治区では認定が引き金となったとみられる衝突で計4人が死亡し、暴力の連鎖が懸念される。国際世論で米国批判が高まる中、日本政府の態度が煮え切らないのはなぜか。

 パレスチナ自治区では8日、イスラム教の金曜礼拝に合わせて大規模抗議デモがあり、イスラエル軍との衝突で2人が死亡。9日未明にはイスラエル軍による空爆でパレスチナ人2人が死亡したとされる。

 エルサレムはユダヤ教やキリスト教、イスラム教の聖地で、帰属問題がイスラエル・パレスチナ間の火種とな…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1264文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]