胎盤幹細胞

東北大など、ヒトで作製 不妊治療へ応用期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 胎児と母体をつなぐ胎盤になる能力を持つ「胎盤幹細胞」(TS細胞)の作製にヒトで初めて成功したと、東北大などのチームが14日付の米科学誌「セル・ステムセル」電子版に発表した。胎児に影響を与える薬物を調べるのに役立つほか、不妊治療や再生医療への応用に期待できるという。

 胎盤は、母体から胎児に栄養や酸素を送ったりする器官。妊娠した状態を維持したり、胎児の成長に必要なホルモンを作り出したりする役割がある。

 チームは、健康な女性が出産後に提供した胎盤から、成長していない未分化の細胞を採取。特殊な条件の下で培養し、胎盤になる能力のあるTS細胞を作製した。さらに、このTS細胞を分化させ、胎児と母体との間で栄養や酸素などをやりとりする役割がある細胞や、胎児と母体をつなぐ血管を作る時に働く細胞なども作製できたという。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文596文字)

あわせて読みたい

注目の特集