メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活保護

減額、最大5%に調整 批判に配慮、幅を縮小 厚労省

 厚生労働省は、来年度からの生活保護受給額の生活費相当分に関し、減額幅を最大5%にとどめる調整に入った。2~3年かけて段階的に実施する方針。厚労省は最大13%減の見直し案を示しているが、与党や有識者から大幅減額に対する批判が出ていることに配慮した。ただし、厚労省は保護費の減額分を、生活保護に至る直前の状態にある生活困窮者の支援拡充に充てる方針。受給額の減額を抑えると生活困窮者向けの予算が減ることも踏まえ、年末の予算編成で最終決定する。【熊谷豪】

 社会保障審議会の部会は14日、来年度からの生活保護受給額を最大約13%引き下げる厚労省案をデータ分…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1055文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです