メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制大綱決定

加熱式たばこ増税 銘柄間の税差、縮小狙う

たばこは数年かけて増税

 2018年10月から、紙巻きたばこは4年間かけて1本3円、加熱式たばこは5年間かけて段階的に増税する。10年10月に紙巻きを1本3.5円増税して以来、8年ぶりの増税となる。

 現在、紙巻きたばこの税額は、1本12.244円。1箱440円(20本入り)では、たばこ税(244.88円)と消費税(32.59円)合わせて277.47円(負担率63.1%)が課税されている。18年10月に1本1円、消費税率が10%に引き上げられる19年10月は据え置き、20年10月に1円、21年10月に1円増税する。最終的に1本当たりの税額は15.244円となり、1箱当たり60円の増税となる…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです