メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制大綱決定

加熱式たばこ増税 銘柄間の税差、縮小狙う

たばこは数年かけて増税

 2018年10月から、紙巻きたばこは4年間かけて1本3円、加熱式たばこは5年間かけて段階的に増税する。10年10月に紙巻きを1本3.5円増税して以来、8年ぶりの増税となる。

 現在、紙巻きたばこの税額は、1本12.244円。1箱440円(20本入り)では、たばこ税(244.88円)と消費税(32.59円)合わせて277.47円(負担率63.1%)が課税されている。18年10月に1本1円、消費税率が10%に引き上げられる19年10月は据え置き、20年10月に1円、21年10月に1円増税する。最終的に1本当たりの税額は15.244円となり、1箱当たり60円の増税となる…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  2. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. インサイト ミカン、希望の0.5トン
  5. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]