税制大綱決定

国際観光旅客税 観光政策に支出 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
各国・地域と同様、出国時に税金が徴収される
各国・地域と同様、出国時に税金が徴収される

 日本人、外国人を問わず、日本から出国する際に1人1回1000円を徴収する「国際観光旅客税」(出国税)を創設する。当初は「観光促進税」という名称だったが、変更した。2019年1月7日から導入する。

 日本を出発する航空券などの料金に税金が上乗せされる。2歳未満の子どもと、海外から到着し24時間以内に出発する乗り継ぎ客は対象外となる。1000円という金額は、同様のお金を徴収している韓国とほぼ同じ水準。16年の出国者数約4100万人(日…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集