メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平均寿命

青森「短命県」返上ならず 男女ともワースト

全国と青森県の平均寿命の推移

 厚生労働省が13日に発表した2015年の都道府県別平均寿命で、青森は男女とも全国ワーストとなり、「短命県」の汚名返上はならなかった。主な年齢別の平均余命もすべて最下位で、厳しい現実に立たされている。ただ、男性の平均寿命は前回(10年)からの延び幅が3位になるなど改善点もあり、三村申吾知事は「明るい兆しは見える。健康づくりの取り組みの充実・強化を図りたい」としている。

 厚労省によると、青森の平均寿命は、男性が78.67歳(前回比1.39歳増)で全国平均より2.10歳短かった。また、女性は85.93歳(同0.59歳増)で、全国平均より1.08歳短かった。平均寿命の発表は5年に1度で、男性は9回連続、女性は5回連続の最下位。男女とも延びたが全国的にも延びており、最下位にとどまった。

 1位(男性は滋賀県、女性は長野県)と比べると、前回より縮まったものの、男性は3.11歳、女性で1.74歳の差があった。

 一方、男性の平均寿命の延び幅(1.39歳)は3位にランクインした。県によると、40代男性の死亡率が大幅に改善されたことが背景にあり、改善幅は1位となった。死因別に見ると、特に心疾患や自殺による死亡が減っているという。女性の平均寿命の延び幅(0.59歳)は25位だった。

 平均寿命の短さは、塩分の多い食生活や喫煙、運動不足などの生活習慣が影響しているとみられる。県はここ数年、「短命県返上」をキャッチフレーズにして、県民の意識改革を図ってきた。近年はだしのうまみを活用した減塩料理を普及させる「だし活」などで健康増進をPRしているが、効果が出るにはまだ時間がかかりそうだ。

 県健康福祉部は「大変厳しい結果だが、健康意識は一朝一夕には変わらない。県民の意識を転換できるように、多方面で対応していかなければならない」と話している。【佐藤裕太】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
  2. 五輪フィギュア 羽生、宇野ら華麗な舞
  3. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
  4. 五輪カーリング メダル授与「涙があふれるぐらいの重み」
  5. 五輪スケート 韓国選手、銀でも謝罪 女子マススタート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]