メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第3章<8> 「孔令然という人物、信用できるな」

2010年1月、習近平・国家副主席(当時)の訪問を受ける銭其琛氏(右)=新華網より

 上海列車事故をめぐる第2回補償交渉を終えた日本側団長、岡村勲は日本に到着して、空港からそのまま東京都内の病院に入院した。

 その後の手続きが滞った。

 次回交渉は「1988年8月18~21日」という日程だけが決まり、場所は「未定」だった。中国はあくまでも「交渉の開催地は中国」と譲らず、遺族をいら立たせた。

 しびれを切らした遺族会は8月4日、中国外相の銭其琛に書面を送った。

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです