メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第3章<8> 「孔令然という人物、信用できるな」

2010年1月、習近平・国家副主席(当時)の訪問を受ける銭其琛氏(右)=新華網より

 上海列車事故をめぐる第2回補償交渉を終えた日本側団長、岡村勲は日本に到着して、空港からそのまま東京都内の病院に入院した。

 その後の手続きが滞った。

 次回交渉は「1988年8月18~21日」という日程だけが決まり、場所は「未定」だった。中国はあくまでも「交渉の開催地は中国」と譲らず、遺族をいら立たせた。

 しびれを切らした遺族会は8月4日、中国外相の銭其琛に書面を送った。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  4. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです