メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元日馬富士傷害事件

「暴力的指導に有効性なし」 教育社会学者・山本宏樹さんに聞く

山本宏樹・東京電機大助教=埼玉県鳩山町の東京電機大理工学部キャンパスで2017年12月5日、上東麻子撮影

 元横綱・日馬富士の暴行問題は社会の縮図ではないか。「暴力容認論」は、なぜなくならないのか。気鋭の教育社会学者、山本宏樹・東京電機大助教に、世にはびこる暴力容認論をどう考えるべきかを聞いた。

都合のよい部分だけを見てはいけない

 --暴力を認める人は「緊張感をもって努力してこそ成長する」「現実に厳しい指導によって結果が出ている」と言いますが。

 暴力的指導(しごき)は日本社会のいたるところで用いられています。平手打ちなどの身体的暴力のほか、ミ…

この記事は有料記事です。

残り2950文字(全文3170文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  3. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. 世界の雑記帳 トランプ米大統領、暴露本出版の元側近と泥試合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです