メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元日馬富士傷害事件

「暴力的指導に有効性なし」 教育社会学者・山本宏樹さんに聞く

山本宏樹・東京電機大助教=埼玉県鳩山町の東京電機大理工学部キャンパスで2017年12月5日、上東麻子撮影

 元横綱・日馬富士の暴行問題は社会の縮図ではないか。「暴力容認論」は、なぜなくならないのか。気鋭の教育社会学者、山本宏樹・東京電機大助教に、世にはびこる暴力容認論をどう考えるべきかを聞いた。

都合のよい部分だけを見てはいけない

 --暴力を認める人は「緊張感をもって努力してこそ成長する」「現実に厳しい指導によって結果が出ている」と言いますが。

 暴力的指導(しごき)は日本社会のいたるところで用いられています。平手打ちなどの身体的暴力のほか、ミ…

この記事は有料記事です。

残り2950文字(全文3170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです