メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元日馬富士傷害事件

「暴力的指導に有効性なし」 教育社会学者・山本宏樹さんに聞く

山本宏樹・東京電機大助教=埼玉県鳩山町の東京電機大理工学部キャンパスで2017年12月5日、上東麻子撮影

 元横綱・日馬富士の暴行問題は社会の縮図ではないか。「暴力容認論」は、なぜなくならないのか。気鋭の教育社会学者、山本宏樹・東京電機大助教に、世にはびこる暴力容認論をどう考えるべきかを聞いた。

都合のよい部分だけを見てはいけない

 --暴力を認める人は「緊張感をもって努力してこそ成長する」「現実に厳しい指導によって結果が出ている」と言いますが。

 暴力的指導(しごき)は日本社会のいたるところで用いられています。平手打ちなどの身体的暴力のほか、ミ…

この記事は有料記事です。

残り2950文字(全文3170文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]