特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京五輪・パラリンピック

木材、五輪後どう活用 自治体、選手村交流施設に提供 庁舎、観光施設など

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピックの選手村(東京都中央区晴海)に建設される交流施設「ビレッジプラザ」に木材を提供した全国の自治体が、大会後の利用方法に知恵を絞っている。大会後、施設は解体され、使用木材は選手村の一部だったことが分かるように刻印して各自治体に返却される。モニュメント、建て替えが予定される庁舎の内装材や学校で利用して大会のレガシー(遺産)にしたい考えだ。【田原和宏】

 ビレッジプラザは木造平屋建ての約6000平方メートル。スギやヒノキ、カラマツなど全国63自治体から借り受けた約2000立方メートルの木材を使用して建設する。大会時は入村式典やメディア対応の場所などに使われる。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文809文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集