メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

泉岳寺(東京都港区) 主君と眠る「四十八士」

赤穂浪士四十七士がまつられている泉岳寺=東京都港区で、玉木達也撮影

 「東京都港区高輪」という地名を聞くと、超高級ホテルを思い出す人が多いかもしれない。その一方、「忠臣蔵」で知られる大石内蔵助ら赤穂浪士四十七士をまつる墓所が存在する。今も多くの人が供養に訪れる泉岳寺。大都会の一角で史実を静かに伝えていた。

 「赤穂事件」を簡単に振り返ると、播州赤穂藩の藩主、浅野内匠頭(たくみのかみ)が旧暦の元禄14(1701)年3月14日、江戸城・松の廊下で吉良(きら)上野介(こうずけのすけ)に刃傷に及び即日切腹。吉良には処罰がなかったことなどから、赤穂浪士が翌年の12月14日、吉良邸に討ち入り、吉良の首を取ったとされる。

 「首を取る」という表現は今では組織のトップに責任を認めさせ、辞任に追い込んだ時などに使っているが、…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです