メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

仙台市 大正バナナ屋敷(山口商店) 問屋からサロンへ /宮城

正面外壁に掲げられたヤマサンの屋号は浅野昭男さんの祖父三郎さんの名前をとったものだという

 かつて仙台市電が走っていた仙台市若林区河原町の昭和市電通(旧国道4号線)。通りに面した一角に「大正バナナ屋敷」はある。ユニークな呼称もさることながら、重厚な土蔵造りは古い街並みの中でもひときわ目をひく。「もとは東北で初めてのバナナ問屋だったんですよ」。敷地内に住み、建物を管理する「宮果」監査役の浅野昭男さん(66)が教えてくれた。

 この地に店を構えたのは、浅野さんの祖父三郎さん。三郎さんは兄と共に神戸で青果店を営んでいたが、その…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文993文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです