インフルエンザ

県内流行期入り /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は14日、県内がインフルエンザの流行期に入ったと発表した。例年並みのペースで、教育機関では集団発生による学級閉鎖が相次いでいる。

 県健康推進課によると、10日までの1週間で県指定の医療機関54カ所を受診したインフルエンザの患者数は83人。1医療機関あたりの患者は1・54人となり、流行期を迎えた。

 地区別の患者数は、秋田市保健所管内で3…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文254文字)

あわせて読みたい

注目の特集