メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき

学士会館/上 大学支援の同窓会拠点 /東京

宴会場「201号室」の重厚な扉=東京都千代田区で

 東京メトロ東西線の竹橋駅で降り、皇居平川門を起点に白山通りを歩く。すぐ右手に細かい縦線が施された褐色の「スクラッチタイル」に覆われた建物が目に入り、玄関の両側には大灯籠(とうろう)がある。

 大小の客室、ドラマなどのロケでも使われた宴会場、幅広い食を提供するレストラン、挙式会場……。館内はクラシックで落ち着いた雰囲気に統一されている。ホテルのようだが、シティーホテルやビジネスホテルとは違う。東大や京大など七つの旧帝国大学の卒業生らが親睦を深め、大学を支援する同窓会組織「学士会」の拠点なのだ。

 きっかけは明治時代にさかのぼる。1886年、旧東大総理(現在の学長)の加藤弘之(1836~1916年)を囲んで開かれた謝恩会でのことだ。席上、参加者から「親睦の場を持ち続けよう」との声が上がり、同年、会員200人あまりでスタートしたのが学士会だ。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです