リニア中央新幹線

関連工事、付近の斜面崩落 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR東海は15日、飯田市内で記者会見を開き、同日、リニア中央新幹線関連の工事車両が通行するトンネルの新設工事現場付近の、中川村大草の県道松川インター大鹿線脇の斜面が崩落したと発表した。この影響で土砂が流入し、県道は現場付近で通行止めになった。

 JRによると、15日午前1時40分ごろ、崩落現場付近で…

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文238文字)

あわせて読みたい

注目の特集