メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演奏会

別れ惜しむピアノ 23日閉館、浜風の家 松永さん「思い出すきっかけに」 阪神大震災で被災児をケア 芦屋 /兵庫

閉館することが決まった浜風の家で演奏するジャズピアニストの松永貴志さん=兵庫県芦屋市で、望月亮一撮影

 阪神大震災で被災した子どものケアのために建てられた「浜風の家」(芦屋市浜風町)が23日に閉館するのを前に、ジャズピアニスト、松永貴志さん(31)が15日、演奏会を開いた。芦屋出身の松永さんは中学時代、よくグランドピアノを弾きに通っていたといい、思い出の残る施設との別れを惜しみながらのコンサートとなった。【石川勝義】

 会場にはこの日、近くの住民ら約100人が集まった。小学3年で被災した松永さんは「家族で肉まん1個を分け合って食べた」と語ったり、「なんでこんなに優しくしてくれるんだ」とボランティアの温かさに触れたことを思い返したりしながら演奏。復興が進む様子にインスピレーションを受けたという「神戸」や、東日本大震災を受けて作ったオリジナル曲「君へ」など15曲を披露した。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです