メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あのひとにとって

アルビノの娘と/4 独力でマラソン大会完走、母涙 あなたは私の自慢 /兵庫

関口真依さん(左)と母千佳さん=兵庫県赤穂市坂越で、待鳥航志撮影

 毎年12月、赤穂市立坂越小は学年別のマラソン大会を開く。3年生は26人が海沿いの2キロのコースで競う。アルビノで弱視の関口真依さん(9)=赤穂市=は昨年、弱視学級の担任教諭がヒモをひいて伴走し、25位だった。今年も弱視学級の担任、古賀美和子さん(29)が伴走する予定だった。それが、真依さんが「一人で走りたい」と申し出た。「伴走が付いていたら、みんなと同じじゃないから」

 母千佳さん(43)は「太陽と海面の反射の光りがまぶしくて、どれだけ怖いか分からないが、真依の気持ち…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです