メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

和歌山大「社会科学研究会」 人権テーマにカフェ 地域住民と解決策議論 /和歌山

グループに分かれて人権について議論する参加者たち=和歌山市匠町で、阿部弘賢撮影

 和歌山大生らでつくる「社会科学研究会」が今月6日、和歌山市内のカフェで人権をテーマにしたイベント「ダイバーシティーカフェ」を開いた。自分たちが学んだことを発表するとともに、地域住民らと一緒に課題や解決策などを話し合い、行動につなげようという試みだ。小学生から60代まで約30人が参加し、熱のこもった議論が交わされた。

 同研究会は、国内外の政治や経済、社会問題について幅広く学ぶ和歌山大の学生グループ。今年10月の総選…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです