メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

のぞみ、台車に亀裂 新幹線、揺らぐ安全 破損の原因不明

 東海道・山陽新幹線「のぞみ」の重要部である台車に亀裂が入っていた問題は、半世紀以上にわたって築き上げられた「安全神話」に疑念が生じる異常事態だけに、車両を所有するJR西日本をはじめ関係者らを震撼(しんかん)させている。国の運輸安全委員会は新幹線初の重大インシデントとして、チェック体制や運転を継続していた経緯を調べており、安全管理の徹底を求める声が上がっている。【根本毅、酒井祥宏、横田伸治】

 「走行に関わる部分に異常があり、しかも同時に複数箇所で見つかった」。13日午後、のぞみが止まったま…

この記事は有料記事です。

残り2083文字(全文2330文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  3. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  4. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  5. 公文書クライシス 「記録作らない恐れ」省庁指摘、内閣府黙殺 ガイドライン改定論議に反映せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです