政府・与党

米軍機事故に危機感 沖縄・名護市長選に「逆風」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県の翁長雄志知事との面会前に首相官邸に入る菅義偉官房長官=首相官邸で15日、川田雅浩撮影
沖縄県の翁長雄志知事との面会前に首相官邸に入る菅義偉官房長官=首相官邸で15日、川田雅浩撮影

 沖縄県で米軍機が関わる事故が相次いで起きたことを受け、政府・与党が名護市長選(来年2月4日投開票)に与える影響を憂慮し、危機感を募らせている。同市長選は、来秋の沖縄県知事選の前哨戦との位置付けで、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設実現に大きな影響を及ぼすためだ。【竹内望、佐藤敬一】

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1059文字)

あわせて読みたい