商工中金

不正融資問題 外部機関が経営監視を 検討会、統治強化策議論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 商工中金の不正融資問題をめぐり、経済産業省は15日、有識者会議「商工中金の在り方検討会」の第4回会合を開き、不正再発防止に向けた同社のガバナンス(企業統治)体制強化策などについて議論した。委員からは、当面は独立した外部監督機関を設置し経営を監視すべきだとの意見が相次いだ。

 家森信善委員(神戸大教授)は「将来的に完全民営化するにしても…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

ニュース特集