メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱交渉 EU「良いとこ取り」拒否 貿易ルール作成多難

 【ロンドン三沢耕平】英国の欧州連合(EU)離脱交渉は、15日のEU首脳会議での合意を受け、将来の関係を話し合う「第2段階」に移る。最大の焦点は、ヒト・モノ・カネ・サービスの移動が自由な単一市場を英国が出た後のルール作りだ。新たに自由貿易協定(FTA)を締結する検討が進む見通しだが、多岐にわたる交渉テーマはどれも複雑な利害関係が絡むため、離脱条件を話し合った「第1段階」以上に厳しい交渉となりそうだ。

 「目指しているのは『カナダ・プラス・プラス・プラス』だ」。英国のデービスEU離脱担当相は10日のB…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです