連載

ひと

話題のひと、ニュースのひと、そのホットな人物をエピソードと経歴を交えて紹介します。

連載一覧

ひと

スザンナ・キャハランさん=「悪魔払い」されてきた難病の映画の原作者

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

スザンナ・キャハラン(Susannah Cahalan)さん(32)

 何人もの医師の診察・検査を経て、アルコール依存症や統合失調症など精神疾患を疑われた後、脳炎治療で権威ある医師によって「抗NMDA受容体脳炎」と診断された。卵巣腫瘍などによる免疫反応でできた抗体が脳を「攻撃」して発症すると分かる2007年までは、幻覚や幻聴、けいれん発作などの症状から「悪魔払い」もされてきた病だ。

 09年に発症し、約1カ月の入院治療を経て、7カ月後に職場復帰。難病を多くの人に知ってもらおうと、ニューヨーク・ポスト紙の上司の勧めで体験を記事にした。覚えていることは「少なく」、医師や家族、友人、同僚に聞き取り、医療記録を突き合わせ「記憶の穴」を埋めた。「記者のスキルが役立った」記事は大きな反響を呼び、取材を重ねて書籍化。ベストセラーとなり映画になった。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文666文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集