メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

スザンナ・キャハランさん=「悪魔払い」されてきた難病の映画の原作者

スザンナ・キャハラン(Susannah Cahalan)さん(32)

 何人もの医師の診察・検査を経て、アルコール依存症や統合失調症など精神疾患を疑われた後、脳炎治療で権威ある医師によって「抗NMDA受容体脳炎」と診断された。卵巣腫瘍などによる免疫反応でできた抗体が脳を「攻撃」して発症すると分かる2007年までは、幻覚や幻聴、けいれん発作などの症状から「悪魔払い」もされてきた病だ。

 09年に発症し、約1カ月の入院治療を経て、7カ月後に職場復帰。難病を多くの人に知ってもらおうと、ニ…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文666文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです