メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

スザンナ・キャハランさん=「悪魔払い」されてきた難病の映画の原作者

スザンナ・キャハラン(Susannah Cahalan)さん(32)

 何人もの医師の診察・検査を経て、アルコール依存症や統合失調症など精神疾患を疑われた後、脳炎治療で権威ある医師によって「抗NMDA受容体脳炎」と診断された。卵巣腫瘍などによる免疫反応でできた抗体が脳を「攻撃」して発症すると分かる2007年までは、幻覚や幻聴、けいれん発作などの症状から「悪魔払い」もされてきた病だ。

 09年に発症し、約1カ月の入院治療を経て、7カ月後に職場復帰。難病を多くの人に知ってもらおうと、ニ…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです