メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

現報道番組の“ひな型”「ニュースステーション」の舞台裏 「テレビ的」追求した日々 久米宏さんに聞く

インタビューに答える久米宏さん=東京都港区で2017年12月4日、宮本明登撮影

 報道番組を普段見ない人でも理解できるよう、ニュースをわかりやすく伝える--。今では普通のそんな目線を、テレビのニュース番組で最初に取り入れたのは、1985年にスタートした「ニュースステーション」(テレビ朝日系)だった。番組の構想段階から参加し、キャスターを18年半務めた久米宏さん(73)に、報道番組を一変させた同番組の秘密を振り返ってもらった(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。【佐々本浩材】

 67年にTBSにアナウンサーとして入社した久米さんは、放送に関わるようになって今年で50周年を迎え…

この記事は有料記事です。

残り2434文字(全文2689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. 全国高校ラグビー 県予選 日川圧勝、12トライ 笛吹、東海大甲府とともに4強 /山梨

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです