金井宇宙飛行士

「一歩踏み出す」人生の師の教えを胸に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
金井宣茂さんの写真を手にする五戸敏明さん=青森県八戸市で2017年12月15日、塚本弘毅撮影
金井宣茂さんの写真を手にする五戸敏明さん=青森県八戸市で2017年12月15日、塚本弘毅撮影

 宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が乗ったソユーズロケットが17日、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発する。そのミッションの成功と無事の帰還を祈る「人生の師匠」が青森県八戸市にいる。居合道場「五眼館(ごげんかん)」の館長、五戸(ごのへ)敏明さん(63)。全日本居合道連盟所属の九段で、金井さんに居合道を教えた師匠でもある。

 金井さんが五戸さんと出会ったのは2004年冬。海上自衛隊の医官だった金井さんが大湊基地(同県むつ市)に勤務していた時だった。元海上自衛官で同基地に勤めていた五戸さんが自衛隊大湊病院で金井さんに受診し、武道に関心があった金井さんが「居合の先生ですか。教えてください」と弟子入りを志願したという。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文768文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集