メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東

京浜東北、東海道、横須賀線ストップ 架線が切断

架線が断線した影響で線路上に停車するJR京浜東北線の車両から線路に出る乗客ら=神奈川県川崎市で2017年12月16日午後0時48分、本社ヘリから

 16日午前10時55分ごろ、JR京浜東北線の鶴見(横浜市鶴見区)-川崎(川崎市川崎区)間で架線が切れるトラブルがあった。JR東日本によると、同正午現在、京浜東北線のほか、東海道線、横須賀線などで運転を見合わせる区間が出ている。

 JR東日本横浜支社によると、駅間で長時間動けなくなった列車があり、JR川崎駅近くでは、乗客を線路上に降ろし、同駅まで誘導した。体調を崩す乗客もおり、一部が救急車で病院に搬送されている。

 仕事を終え、JR東京駅から電車に乗ろうとしていた福岡市の男性会社員(30)は「電車を待っていると飛行機の搭乗時間に間に合うか分からないので、タクシーで行きます」と慌てた様子で話していた。【土江洋範】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京入管 腹痛男性への診療放置 20時間「容態観察」
  2. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  3. ヒョウモンダコ 猛毒 「絶対に触らないで」 長崎・諫早
  4. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  5. セクハラ疑惑 「この期に及んで否定とは」週刊新潮編集部

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]