メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大

教職員の5年雇い止め規定撤廃へ

 東京大は、有期契約の教職員の雇用を最長でも5年とする規則を今年度で撤廃する方針を決めた。改正労働契約法に基づき、有期契約の労働者が5年を超えて働くと無期契約への切り替えを求められる「無期転換ルール」の運用が来年4月に本格的に始まるのを前に、労働組合が撤廃を求めていた。

     東大や首都圏大学非常勤講師組合などによると、東大の就業規則では1年契約のパートタイムの教職員(約5300人)は雇用期間の上限を通算5年とし、契約も4回しか更新できない。有期契約のフルタイムの教職員(約2700人)にも同様の規則があり、無期契約への転換を求められない恐れがあった。

     同様の問題は他の国立大でも起きているといい、労組関係者は「他大学の交渉にも影響を与えるのではないか」としている。【古関俊樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    4. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
    5. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]