メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受精卵無断使用

奈良家裁の「父子」判決に 男性控訴へ

体外受精の流れ

 凍結保存していた受精卵を別居中の妻が無断で移植し、出産したとして、奈良県の外国籍の男性(46)が生まれた女児(2)と法律上の父子関係がないことの確認を求めた訴訟の判決で、奈良家裁は15日、訴えを却下したうえで、父子関係を認める初判断を示した。渡辺雅道裁判長は「移植には夫の同意が必要」と指摘する一方、同意がなくても、妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する民法の「嫡出推定」が適用されるとした。男性は控訴する方針。

 体外受精の利用が広がる中、夫の同意なく受精卵を移植しても嫡出推定が適用されるかが争点だった。男性側…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1101文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです