メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

国際 トルクメニスタン 国連の「中立デー」を推進

[PR]

田中洋之たなかひろゆき 毎日新聞まいにちしんぶん編集委員へんしゅういいん

 今年ことしから12がつ12にちが「国際中立こくさいちゅうりつデー」になりました。世界せかい平和へいわ促進そくしんする記念日きねんびとして、2がつ国連総会こくれんそうかい採択さいたくされました。

     国際中立こくさいちゅうりつデーの制定せいていびかけたのは中央ちゅうおうアジアのトルクメニスタンです。ベルディムハメドフ大統領だいとうりょうが2年前ねんまえ国際会議こくさいかいぎ提案ていあんしました。1991ねんきゅうれんから独立どくりつしたトルクメニスタンは、初代しょだいのニヤゾフ大統領だいとうりょう故人こじん)が個人こじんへの権力集中けんりょくしゅうちゅうすすめる一方いっぽうくに基本政策きほんせいさくとして「中立ちゅうりつ」をしました。中立政策ちゅうりつせいさく国同士くにどうし対立たいりつする問題もんだいについて、どちらのがわにも味方みかたせず、中間ちゅうかん立場たちばから解決かいけつ目指めざすものです。軍事力ぐんじりょく自国じこくまもるためだけに使つかうことも表明ひょうめいしています。

     トルクメニスタンは95ねん12がつ12にち国連総会こくれんそうかいで「永世中立国えいせいちゅうりつこく」に承認しょうにんされました。このくに祝日しゅくじつとなり、首都しゅとアシガバートには巨大きょだいな「中立記念塔ちゅうりつきねんとう」がてられています。永世中立国えいせいちゅうりつこくとしてはスイスとオーストリアがられていますが、国連こくれん承認しょうにんたのはトルクメニスタンだけです。12がつ12にち国際中立こくさいちゅうりつデーにさだめられたのは、こうした経緯けいいがあります。

     トルクメニスタンは国際紛争こくさいふんそう未然みぜんふせぐ「予防外交よぼうがいこう」にもちかられています。その一環いっかんとして、2007ねん国連こくれん中央ちゅうおうアジア予防外交地域よぼうがいこうちいきセンターがアシガバートにもうけられました。きゅうれんの5かこく構成こうせいする中央ちゅうおうアジアは、イスラム過激主義かげきしゅぎ浸透しんとう麻薬取引まやくとりひき水資源みずしげんをめぐるあらそいといった不安材料ふあんざいりょうかかえています。こうした課題かだいむことで、地域ちいき安定あんてい貢献こうけんしようとしているのです。

     トルクメニスタンのエリャソフ駐日大使ちゅうにちたいし写真しゃしんみぎ>・田中洋之撮影たなかひろゆきさつえい=は「安全保障あんぜんほしょう必要ひつようなのは、第一だいいち予防外交よぼうがいこうのメカニズムを使つかって紛争ふんそう原因げんいんのぞくことです。そしてすべての国際問題こくさいもんだい政治的せいじてき外交的がいこうてき手段しゅだん解決かいけつされなければなりません」とはなしています。


     通算つうさん年半ねんはんにわたりモスクワ特派員とくはいんをつとめ、ユーラシア大陸たいりく各地かくち取材しゅざいした。ロシアがんだキャラクター「チェブラーシカ」をこよなくあいする。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

    3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

    4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

    5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです