メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

華恵の本と私の物語

/17 賢者の贈りもの

[PR]

 「あ、ロックフェラーセンターが、うつってる。なつかしい」

 電話でんわこうで、ははがテレビの音量おんりょうげる。

 かつて家族かぞくみんなでんでいた、ニューヨーク。わたしは6さい日本にっぽんたので、ははほうがたくさんのおもをもっている。

 「ふゆ、ちょうどこの、ロックフェラーセンターのあたりをあるいていたら」

 このはなしはじめてく。わたしがまだ2、3さいころはなしらしい。

 「クリスマスなのに、おかねがなくて。おも気持きもちでおみせのショーウインドーをあるいていたら、ふいに、まえにヒラヒラとなにかのかみってきたんだよ。ひろってみたら、なんと20ドル紙幣しへい

 「それ、いつごろ?」

 「ちょうどクリスマスイブのだったんだよ。なんだったんだろう。そらからおかねってくるって……」

 うそみたいな、ほんとうのはなし

 かみさまって、やっぱりいるのかも。

 街中まちじゅうが、イルミネーションでかがやいているクリスマス。家族かぞく恋人こいびとたちはプレゼントをい、さむまち肩寄かたよせあってあるいていく。

 ははは、自分じぶんまれたくにでもない、アメリカでらしていた。おかねがなくて、大学院だいがくいんかよっている学生がくせいでもありながら、仕事しごともして、子供こどもふたりそだてていた。

 そらからってきた20ドルでははは、わたしとあになにかクリスマスプレゼントをったにちがいない。それは……なんだったのだろう。おもせない。

 「なんか、オー・ヘンリーの世界せかいみたい」

 はははそうってわらい、じゃあね、と電話でんわった。

  + + + +

 オー・ヘンリーの『賢者けんじゃおくりもの』も、クリスマスイブのはなしです。

 あるわか夫婦ふうふが、おかねがなくて、クリスマスプレゼントをえずにこまっていました。そこで、自分じぶん一番大切いちばんたいせつなものをって、そのおかね相手あいてへのプレゼントをうことにしました。ところがそのよる予想よそうできなかったことがきてしまいます。

 おたがいをだれよりもよくっていて、だれよりもあいしているからこそ、皮肉ひにくなことがこるのです。かなしいけれど、どんなおくものにもかなわないあいが、そこにはあるのです。

 わたしはむかしから、クリスマスがちょっと苦手にがてです。純粋じゅんすいにハッピーになりきれず、たのしいでも、そこにいないだれかにおもいをはせ、すこしだけ、さびしさをかんじてしまいます。

 本当ほんとうにいっしょにごしたいひとは、だれだろう。

 本当ほんとう自分じぶんおくりたいおもいとは、なんだろう。

 かんがはじめると、意外いがいこたえは簡単かんたんません。それはなぜか、大人おとなになって、どんどんむずかしいテーマとなってきました。


賢者けんじゃおくりもの』

O・ヘンリー・ちょ

新潮文庫しんちょうぶんこ 529えん


 エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです