メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「あ、ロックフェラーセンターが、うつってる。なつかしい」

     電話でんわこうで、ははがテレビの音量おんりょうげる。

     かつて家族かぞくみんなでんでいた、ニューヨーク。わたしは6さい日本にっぽんたので、ははほうがたくさんのおもをもっている。

     「ふゆ、ちょうどこの、ロックフェラーセンターのあたりをあるいていたら」

     このはなしはじめてく。わたしがまだ2、3さいころはなしらしい。

     「クリスマスなのに、おかねがなくて。おも気持きもちでおみせのショーウインドーをあるいていたら、ふいに、まえにヒラヒラとなにかのかみってきたんだよ。ひろってみたら、なんと20ドル紙幣しへい

     「それ、いつごろ?」

     「ちょうどクリスマスイブのだったんだよ。なんだったんだろう。そらからおかねってくるって……」

     うそみたいな、ほんとうのはなし

     かみさまって、やっぱりいるのかも。

     街中まちじゅうが、イルミネーションでかがやいているクリスマス。家族かぞく恋人こいびとたちはプレゼントをい、さむまち肩寄かたよせあってあるいていく。

     ははは、自分じぶんまれたくにでもない、アメリカでらしていた。おかねがなくて、大学院だいがくいんかよっている学生がくせいでもありながら、仕事しごともして、子供こどもふたりそだてていた。

     そらからってきた20ドルでははは、わたしとあになにかクリスマスプレゼントをったにちがいない。それは……なんだったのだろう。おもせない。

     「なんか、オー・ヘンリーの世界せかいみたい」

     はははそうってわらい、じゃあね、と電話でんわった。

      + + + +

     オー・ヘンリーの『賢者けんじゃおくりもの』も、クリスマスイブのはなしです。

     あるわか夫婦ふうふが、おかねがなくて、クリスマスプレゼントをえずにこまっていました。そこで、自分じぶん一番大切いちばんたいせつなものをって、そのおかね相手あいてへのプレゼントをうことにしました。ところがそのよる予想よそうできなかったことがきてしまいます。

     おたがいをだれよりもよくっていて、だれよりもあいしているからこそ、皮肉ひにくなことがこるのです。かなしいけれど、どんなおくものにもかなわないあいが、そこにはあるのです。

     わたしはむかしから、クリスマスがちょっと苦手にがてです。純粋じゅんすいにハッピーになりきれず、たのしいでも、そこにいないだれかにおもいをはせ、すこしだけ、さびしさをかんじてしまいます。

     本当ほんとうにいっしょにごしたいひとは、だれだろう。

     本当ほんとう自分じぶんおくりたいおもいとは、なんだろう。

     かんがはじめると、意外いがいこたえは簡単かんたんません。それはなぜか、大人おとなになって、どんどんむずかしいテーマとなってきました。


    賢者けんじゃおくりもの』

    O・ヘンリー・ちょ

    新潮文庫しんちょうぶんこ 529えん


     エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
    2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
    5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです