メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけのタイムカプセル

砂金研究者・弥永芳子さん 続ける原動力は好奇心 /北海道

砂金研究者の弥永芳子さん=札幌市北区で

人間との出会い財産に 弥永芳子さん(98)

 明治時代に枝幸町周辺で豊富な砂金が見つかり、道内にもかつて砂金掘りたちが殺到した「ゴールドラッシュ」があった。札幌市の弥永芳子さん(98)は戦後、道内外の砂金や砂白金の成分分析など幅広く研究し、海外の研究者にも評価される成果をまとめてきた在野の研究者だ。40代で専業主婦から転身。100歳間近の今も地質学などの研究を続ける原動力になっているのは持ち前の好奇心だ。【構成・田所柳子】

 <戦前、札幌市で木箱製造や銭湯を営んだ一家の長女として生まれ、道庁職員だった夫と幸せに結婚。戦後、…

この記事は有料記事です。

残り2606文字(全文2868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです