メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大寺

練行衆11人を発表 来年のお水取り参籠の僧侶 /奈良

 東大寺(奈良市)は16日、来年の修二会(しゅにえ)(お水取り)に参籠(さんろう)する僧侶「練行衆(れんぎょうしゅう)」11人を発表した。奈良時代から続く行事で、来年2月20日から心身を清める別火(べっか)と呼ばれる前行に、3月1日に本行入りし、15日に満行を迎える。【矢追健介】

 配役は次の通り。

 和上=平岡昇修・上之坊住職▽大導師=上…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文325文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]