メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

三上参次 史学研究の重鎮 柴田實に書簡 /徳島

 三上参次(みかみさんじ)(1865~1939年)歴史研究家、兵庫県姫路市出身。

 姫路藩士幸田貞助の三男。三上勝明の養子。はじめ三次、のち参次と改めた。1889(明治22)年帝大(現東京大)和文科卒。90年東大編年史編纂掛(へんさんがかり)助手となり、のち史科編纂掛で事務主任(現史料編纂所長)を務めた。終始、史料編纂一筋に活躍したアカデミック史学の重鎮。91年東大講師。92年東京女高師(現お茶の水女子大)教授、東大助教授。99年文学博士の学位を受け東大教授となった。東大文学部長も務めた。史学科から国史学を分離独立する…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです