メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

「教育など配慮を」 市民グループが市長に要望 /熊本

 性的少数者(LGBTなど)や支援者らでつくる「ともに拓(ひら)くLGBTIQの会くまもと」の今坂洋志代表ら4人が熊本市役所で、LGBTが暮らしやすい学校や病院の環境作りなどを大西一史市長に要望した。LGBTは人口の5~8%いるとされ、熊本市(人口約74万人)でも約4万~6万人いると推定される。要望書では、学校や専門医などでつくる検討会の設置▽教職員へのLGBT研修▽学校医の資質向上による支援体制の構築--など教育分野の7項目を求めた。

 今坂さんは「不登校の生徒の3割は性の問題で悩んでいるという調査結果もある。生徒の中にLGBTがいると想定した支援体制を整えてほしい」と話した。また周囲に伝えることができないまま家族と絶縁状態の人も多くいるとみられ、病気治療や入院する場合に親族から経済面などの協力を得ることができないリスクも指摘。病気が重症化するまで受診しない例もあり、医師や病院職員がLGBTに関する理解を深める研修を実施し、LG…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  3. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 富山知事選、新人の新田八朗氏が現職らを破り当選 半世紀ぶりの保守分裂制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです