メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

「教育など配慮を」 市民グループが市長に要望 /熊本

 性的少数者(LGBTなど)や支援者らでつくる「ともに拓(ひら)くLGBTIQの会くまもと」の今坂洋志代表ら4人が熊本市役所で、LGBTが暮らしやすい学校や病院の環境作りなどを大西一史市長に要望した。LGBTは人口の5~8%いるとされ、熊本市(人口約74万人)でも約4万~6万人いると推定される。要望書では、学校や専門医などでつくる検討会の設置▽教職員へのLGBT研修▽学校医の資質向上による支援体制の構築--など教育分野の7項目を求めた。

 今坂さんは「不登校の生徒の3割は性の問題で悩んでいるという調査結果もある。生徒の中にLGBTがいる…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文610文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 東京メトロ 男性が切りつけられ負傷 南砂町駅
  4. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  5. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]