連載

ストーリー

記者が現場を歩き、見て、聞いて、感じながら、ニュースの深層、話題の人々の内面に迫る長編ルポ。

連載一覧

ストーリー

月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市政懇談会で市民らに説明する鈴木直道夕張市長=北海道夕張市で11月、竹内幹撮影
市政懇談会で市民らに説明する鈴木直道夕張市長=北海道夕張市で11月、竹内幹撮影

 「12月25日が来ると、私が初めて夕張の地を踏んでから10年になるんです。みなさんに出会えたことに感謝しています」

 11月23日、雪がちらつく北海道夕張市の小さな集会所で開かれた地区懇談会。市長の鈴木直道さん(36)がしみじみと語ると「市長はサンタさんからのプレゼントだね」。約30人の市民から笑いが起こった。

 北海道の新千歳空港から約40キロに位置する夕張は、かつて炭鉱のまちとして栄えた。ピークだった1960年に11万7000人を数えた人口は石炭産業の衰退で激減。観光振興策の失敗などで632億円の債務を抱えた。民間企業でいえば倒産状態となり、2007年3月から「財政再建団体」(現制度では財政再生団体)として国の管理下に置かれている。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文680文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集