諫早湾干拓事業

漁業基金の予算計上見送り 和解めど立たず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)の開門問題で、政府は、開門せずに有明海の漁業振興に取り組むとして創設を目指していた100億円の基金について、来年度当初予算案への計上を見送る方針を決めた。基金による漁業者との和解成立のめどが立っていないためで、農林水産省の担当者は「今後、基金案による和解協議がまとまれば、補正予算案…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

あわせて読みたい

注目の特集