メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

月給25万9000円の市長(その2止) 夕張再生目指し格闘

市長室で仕事をする鈴木直道市長=北海道夕張市役所で11月、竹内幹撮影

 

 ◆36歳・鈴木直道市長

「裸の王様」を脱却

 一面に銀世界が広がる北海道・夕張山系。東京都職員だった鈴木直道さん(36)は2007年12月25日、この地を初めて訪れた。08年1月21日付で夕張市へ派遣される前に、東京都の猪瀬直樹副知事(当時)らと下見に来たのだ。

 大企業が集積し、全国で最も豊かな税収を持つ東京都。企業で言えば倒産状態に陥り、財政再建団体(現制度では財政再生団体)となった夕張市に職員を派遣しようと発案したのが猪瀬氏だ。自治体が財政破綻すると何が起きるのか、都職員に肌で感じてもらうとともに、都のノウハウを生かして他地域に貢献しようという狙いだった。候補となった若手職員の中から第1号に選ばれたのが、鈴木さんと百沢(ももさわ)俊平さん(38)の2人である。

 当時26歳の鈴木さんは都の保健政策部疾病対策課主事だった。緊縮財政のまちに身を置くことで、削れる行…

この記事は有料記事です。

残り4332文字(全文4719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです