メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働く女性

がん治療と仕事どう両立?

 国立がん研究センターの統計によると、がんの生涯罹患(りかん)率は、男性62%に対し女性は46%だが、20代後半から50代前半の働く世代でみれば、男性よりも女性の罹患率が高い。働く女性にとって、がん治療と仕事の両立は大きな問題だ。

 世界最大級の人材サービス企業アデコグループの日本法人アデコ(東京都港区)は今年7月、がん罹患時に正社員で、現在も仕事を続けている20~50代のがんサバイバーの女性200人を対象に、インターネット調査をした。

 がんと診断され不安になった点については57%が仕事への影響を挙げ、家族への影響(43%)▽治療によ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです