メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

井波律子・評 『湖畔荘 上・下』=ケイト・モートン著

 (東京創元社・各2052円)

時間と場所の迷宮的世界

 世界中で愛読されるオーストラリアの作家(現在はロンドン在住)、ケイト・モートン(一九七六年生まれ)の『忘れられた花園』『秘密』につぐ長篇ミステリである。全三十五章で構成され、章ごとにロンドン、コーンウォールと舞台が変わり、現在と過去が交錯する語り口は、前二作と変わらないが、その展開はいっそう複雑巧妙になっている。

 物語世界はロンドン警視庁の女性刑事セイディ・スパロウが事件に深入りしたため、上司の意向でやむなく休…

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 歌舞伎公演も「働き方改革」 4月から休演日設定へ 松竹発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです