メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金井宣茂宇宙飛行士

多くの経験、楽しみ 打ち上げ前日に決意

会見に集まった人々に笑顔で手を振る金井宣茂さん(左)。右はロシアのシュカプレロフ船長=カザフスタン・バイコヌール市のホテルで2017年12月16日午後5時15分、酒造唯撮影

 【バイコヌール(カザフスタン)酒造唯】17日に国際宇宙ステーション(ISS)へ出発する金井宣茂(のりしげ)さん(41)ら日米露の3人の宇宙飛行士が打ち上げ前日の16日、バイコヌール市内のホテルで記者会見した。金井さんは、帰還が当初の来年4月中旬から6月3日に延びたことについて「より多くの経験を積んで戻ってこられるので、本当にうれしく感じている」と意気込みを語った。

 記者会見は、病気の感染を防ぐためガラス越しで行われた。金井さんは、控えの飛行士も含めた6人の一番右側に着席。笑顔で集まった人たちに手を振った。打ち上げ日については「特別な日というよりは、3人で新しい一日を迎える心境だ」と述べた。会見は金井さんの家族や婚約者も見守り、家族とは「寒くない?」「ロシアのご飯はおいしいね」といった会話をしたという。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです